成人のほとんどが罹患している病気

歯が痛む女性

堺市は大阪南部の中心都市であり、幅広い年代の方が居住しているだけに現在の縮図と言うことが出来る街です。成人の約80%が罹患していると推測されている歯周病に悩む患者さんも少なくありません。歯周病は歯肉に細菌が感染することで引き起こされる病気です。歯と歯肉の境目にある歯周ポケットにプラークという細菌の塊が付着し周辺に炎症が起きることで発症します。発症しても初期のうちはほとんど症状がないので、自覚しないままに病気は進行していきます。時間経過にしたがって歯周ポケットはより深くなり、細菌の感染部位もより深くなっていきます。しだに歯を支える骨にまで侵食が進み、末期的には歯がぐらつくようになっていくわけです。

思わぬ病気を合併することも

歯科治療

堺市で歯周病にかかっている患者さんは生活習慣病を発症する年齢とクロスオーバーしていることも多く、時には別の病気を合併することも珍しくありません。ただこれは年齢的に生活習慣病を併発するのはもちろんですが、歯周病の存在自体が色々な生活習慣病の合併リスクを高くすることが最近の研究で明らかになっています。かねてから密接な関係があると見られてきたのが糖尿病です。近年では歯周病になると糖尿病は悪化しやすく治療により改善する関係性があることも判明しています。また全身の血管が狭く柔軟性を喪失する動脈硬化も発症リスクを上げることが分かっています。それというのも歯周病の原因菌が血管内に侵入すると刺激により動脈硬化を悪化させる物質が生成されるからです。

広告募集中